藤沢周平の時代小説を本格映画化し、世界的にも高い評価を得た「たそがれ清兵衛」そして「隠し剣 鬼の爪」「武士の一分」の三部作。そのロケ地・彦根城で、映画に実際に使用された小道具や衣装、本展記念映像、さらに彦根でもおなじみ寅さんゆかりの品々もあわせて特別公開いたします。

山田洋次 プロフィール

1931年大阪府生まれ。54年、助監督として松竹入社。61年『二階の他人』で監督デビュー。69年『男はつらいよ』シリーズ開始。他の代表作として『家族』(70)。「幸福の黄色いハンカチ」(77)、『息子』(91)、『学校』シリーズ(93〜00)など。2002年藤沢周平原作の本格時代劇映画『たそがれ清兵衛』は第26回日本アカデミー賞をはじめ日本の映画賞を総なめにし、第76回アカデミー賞外国映画賞ノミネートを果たした。続く、04年『隠し剣 鬼の爪』は、ベルリン国際コンペティション部門に出品。そして、時代劇三部作の最後を飾る06年12月公開の『武士の一分』は、日本中を感動の涙で包み込み超メガヒットを記録した。現在製作中の吉永小百合主演『母べえ』は2008年新春公開予定。