江戸時代、12回にわたって李氏朝鮮王朝から徳川幕府への使者として来日した朝鮮通信使。その第1回目は、慶長12年(1607年)のことで彦根城天守が完成した頃の出来事でした。

2007年は、朝鮮通信使の初来日から400年を記念して、日本各地のゆかりのまちで記念行事が開催されます。
朝鮮通信使の宿泊地であった彦根市においても10月7日(日)、8日(祝)に「朝鮮通信使ゆかりの町全国交流大会」の開催に併せて、日韓交流フェスタ in 彦根を開催します。
8日(祝)には、当時の衣装を着用し、朝鮮人街道の名で知られる旧街道から通信使の宿とされた宗安寺を目指しての行列を再現します(芹橋~銀座~中央町~本町~夢京橋キャッスルロード)。また、宗安寺では国書交換式を行います。
街中では、6日(土)~8日(祝)に韓国観光物産展やゆかりのまちの紹介も行います。


朝鮮通信使行列の再現
10月8日(祝)13:00〜14:30
出発地点:橋本商店街→銀座商店街→中央商店街→本町通り→夢京橋キャッスルロード→京橋→表門橋前(折り返し)→京橋→夢京橋キャッスルロード→宗安寺:到着地点

歴史的にゆかりのある朝鮮人街道を中心に、当時の朝鮮通信使の行列を再現します。
※当日雨天の場合、行列再現は中止とさせていただきます。


国書交換式
10月8日(祝)15:00~

当時の朝鮮通信使が滞在した宗安寺にて、通信使の三使が、李氏朝鮮王朝の王から託され、持ち運んできた書簡「国書」を渡す儀式を行います。

朝鮮通信使 交流広場
日時:10月6日(土)~8日(祝)10:00~19:00
場所:四番町スクエア

四番町スクエアにテントを設営し、彦根と韓国の観光や物産を紹介します。

同時開催 朝鮮通信使ゆかりの町全国交流会ひこね大会
2007年10月7日(日)
彦根プリンスホテル

13:00〜14:30
緑地連地域史研究発表会
「高月町に伝わる朝鮮通信使関係史料」

15:30〜17:30
交流会 基調講演
「誠信・交隣 — 彦根の朝鮮通信使」
パネルディスカッション
「朝鮮通信使と近世彦根」

主催:彦根市、朝鮮通信使緑地連連絡協議会
後援:滋賀県、近江八幡市、高月町、在日本大韓民国民団滋賀県地方本部、国宝・彦根城築城400年祭

関連展示「朝鮮通信使と彦根藩・井伊家」
10月6日(土)〜10月8日(月・祝)
彦根城博物館

彦根城博物館所蔵史料から朝鮮通信使を迎えた彦根藩・井伊家の姿を紹介します。

朝鮮通信使とは?

朝鮮通信使は、足利・豊臣・徳川の武家政権に対して、朝鮮国王が書契(国書)および進物をもたらすため、派遣してきた外交使節団のことです。通信使は対馬(長崎県)から日本に入り、そこから行列となって江戸に向かいますが、その途中で、彦根に10回滞在しています。