2006年09月28日

木村重成首塚

彦根城から南に伸びる夢京橋キャッスルロード沿いにある宗安寺の墓所に「木村長門守重成首塚」があります。

木村重成首塚全体

木村重成は、徳川家と豊臣家との争い「大坂の陣」で豊臣軍として戦った武将です。
彦根から井伊直孝が家康軍として参戦し、木村重成軍と衝突しました。一進一退の攻防の末、辛くも重成を討った直孝軍は、その首をススキにくるみ、戦果として持ち帰りました。
重成本人であることを確認した直孝は、家臣の安藤氏に「懇ろに弔うように」と申しつけ、重成の首は安藤氏の菩提寺である宗安寺の墓所に葬られました。

続きを読む "木村重成首塚" »

2006年09月19日

ひこにゃん遠征後記

こんにちはD.Kです。 個人的な話ですが、つい最近、甲子園球場へ行ってきました。もちろん野球の試合を見に行ったんですが、試合よりも、かの有名なトラッキーに目を奪われました。ひこにゃんと同じくネコ科に属してると思うんですが、とてもアクションが豊富でした。理由は手足の長さの違いかな?
まあ、それはさておき、今回は、ひこにゃんが400年祭PRのため東京(9/13~15)と名古屋(9/17)に遠征してきた様子をお伝えします。

続きを読む "ひこにゃん遠征後記" »

2006年09月18日

大洞弁財天の大黒天

大洞弁財天(長寿院)の楼門には、約4000体の大黒天像が祀られています。
大黒天像は、かつて内湖に百間橋が掛けられた際の残り木で作られたものだそうです。

ずらりと並ぶ大黒天

続きを読む "大洞弁財天の大黒天" »

2006年09月10日

彦根城下町検定試験

彦根のことを知りたい……
そんなあなたには「彦根城下町検定」を。

「第2回 彦根城下町検定」が来る11月26日に実施されます。
この検定は、彦根城下町の歴史や文化に精通する人を認定することを目的として行われます。
出題内容は、彦根の歴史や文化、商店街に関する事、イベント事についてなどなど……。
問題は3択形式、全100問、1問1点。80点以上が合格となります。合格者には、合格証を発行し、上位20名に3,000円の商品券が進呈されます。

検定を主催する彦根商店街連盟は、彦根を知る・聞く「彦根城下町検定・対策セミナー」を9月10日(日)と10月14日(土)に開催。両日とも午後2時開始。場所は彦根商工会議所4階 大ホールです。

「彦根城下町検定」・「対策セミナー」についてお問い合わせはこちら

本試験は、この「対策セミナー」で学んだことからも出題される予定です。
合格目指して彦根のことを学ぶと、いつもとは違う城下町の風景を感じることができるかもしれません。また、検定試験を受けない人でもセミナーに参加できます。席数に限りがありますから、10月14日の申し込みははお早めに。

国宝・彦根城築城400年祭公式サイトでは「今日のひこね豆知識クイズ」で、彦根に関する事を出題しています。
「彦根城下町検定」への対策にもなるかもしれません。毎日更新してますのでみなさん、ぜひご覧下さい!
ちなみに、この「今日のひこね豆知識クイズ」、みなさんからの出題もお待ちしています。知っている事や、最近知った事など彦根に関することなど問題にしてこちらからご投稿下さい(サイトへの掲載をもって採用の発表とかえさせていただきます。)

僕はまだまだ彦根初心者ですが、深く知ればしるほど彦根は面白くなってきます。

2006年09月08日

彦根城に?

こんにちはD.Kです。前回、夜は涼しくなってきていると書き込みましたが、最近は虫の音も頻繁に耳に入りいよいよ秋だなあと感じる毎日です。そんな虫の音を聞きながら盛夏の頃と変わらない量で麦酒が摂取できる自分が不思議だなーと思います。(お水は一度にたくさん飲めませんが麦酒はたくさん入っちゃいます。人体の不思議ですね?)
そんな話はおいといて、今回はひこにゃんが偉業を達成?したので少し長くなりますがその様子をお伝えいたします。

続きを読む "彦根城に?" »

2006年09月04日

まじない

夢京橋キャッスルロードから彦根城へ向かう途中、中濠に架かる京橋を渡ったところの石垣には「歯の痛みを治す」力があると聞きました。

石垣ロング

どうすれば、歯痛が治るのでしょうか。石垣にお祈りをすればいいのでしょうか。
ボクが聞いた情報では、「石垣の石と石のはざまに釘や鎹(かすがい)、木の杭などをさし込めばいい」そうです。
近寄って石垣を見ると、錆びているものがほとんどですが、中には真新しいものもありました。

刺し込めれた釘1

刺し込めれた釘2

続きを読む "まじない" »

最近のコメント

ライター紹介

公式サイトコンテンツのご紹介

今日のひこね豆知識クイズ 応援メッセージ

検索

Powered by
Movable Type 3.34