ひこにゃんパン

彦根市高宮町に、「ひこにゃんパン」があると聞きました。

ひこにゃんパン小

ゴマをベースにしたあんぱんの中央部にひこにゃんの焼き印が、袋にはひこにゃんのシールが貼られていました。
そして、このようなパンも作られていました。

ひこにゃんパン大

カステラ生地をベースにした大きな「ひこにゃんパン」です。大きさは60cm×30cmほどあります。
「彦根を盛り上げたい一心で作りました。このひこにゃんパンが盛り上がりに一役買えればと思います。」「ひこにゃんパン」を作られたパン屋さんのメッセージです。

日本にパンがもたらされたのが安土桃山時代、ポルトガル人の宣教師によるそうです。
江戸時代幕末、井伊直弼が大老の時、アメリカとの開国を皮切りにイギリス・フランス・オランダ・ロシアと続きます。その影響もあり、日本に駐屯や滞在する外国人(主にフランス人・イギリス人)が増えたため、パンは港町を中心に広まりました。

ちなみに日本における「食パン」の元祖はイギリス人ロバート・クラーク。その後を継いだ人物の名前は彦太郎といいます。彦太郎は彦根とは関係のない人物ですが……。

彦太郎と「ひこにゃんパン」は、繋がっているような気もします。

« ひこにゃんが猫専門誌に登場! | メイン | 豪徳寺に行ってきました »

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: ひこにゃんパン:

» 「ひこにゃん」だそうです from ニャンコ灰だらけblog
国宝彦根城築城400年祭のマスコットキャラ「ひこにゃん」! どう見ても、正体不明です。 彦根のセンスのよさに脱帽しました(・∀・) 実行委員会のブログ... [詳しくはこちら]